あそこかゆい対策ラボ~かゆみ原因・おりもの予防法~

あそこかゆい対策ラボでは、あそこの気になるかゆみの原因からかゆみ対策情報を公開中です!
あそこの痒さは、女性なら誰でも経験することなので、心配はいりません。
あそこが痒いあなたに必見の情報をお届けしていきたいと思います!

 

ここで皆さんに質問です。
そもそもどうして、あそこが痒くなるのでしょうか?
みなさんはご存知ですか?

 

いざ、質問されると、意外と答えがわからないモノですよね。
あそこかゆみ対策方法をご紹介する前にしっかりと、あそこのかゆみの原因を知る事が大切です!
そこで、まずはかゆみの原因から紐解いていきたいと思います。

 

 

あそこのかゆみの原因

女性なら、誰にでも一度は経験したことのあるあそこのかゆみ。
これには主に4つの原因があるとされています。
この4つの原因を知ることでしっかりとした対策が打てるようになるので、注意深く見ていきましょう。


生理とナプキンによる痒み

女性は生理の間、ナプキンを使用します。
吸収性や消臭機能の優れているナプキンが発売されるようになり、以前よりもこまめにナプキンを取り替える必要がなくなりました。
この事が返って、あそこの環境を悪化させることになります。
それは使い捨てナプキンはビニール製である場合が多く、そのことが原因で汗が発散されにくくなり、下着内が蒸れ、細菌が繁殖するからです。
そして、汗・蒸れ・細菌の影響であそこが痒くなります。
このかゆみは、一時的な蒸れによる皮膚炎症ですので、深刻な問題とまではいかないものの、早めに対処すれば悪化せずに済みますので早期の段階で気づいて対処するようにしましょう。

 

またストッキングやタイツを履くことが多いのも蒸れやすい環境を作ってしまいますので、通気性のよい環境を整えることがかゆみを起こさない工夫のひとつになります。

 

アレルギー体質による痒み

何かしらのアレルギー体質の人や更年期、または、疲れやストレスによって免疫力が弱まっている時に、敏感肌になりやすく、あそこのかゆみの原因になります。
とても薄い皮膚であるあそこは、かゆみを感じやすく、むずがゆくなってしまいます。
かゆみの原因は、免疫力が低下よるモノなので、ゆっくり休んだり、リラックスすることで回復を心がけましょう。
また、アレルギー体質の方はおりものの量が多いため、人一倍手入れをしないと痒みだけでなく、匂いも悪化してしまうようです。おりもののについて詳しく知りたい方はこちらおりものの臭い.bizをご覧ください!管理人も参考にさせてもらいました!

 

特に現代人は、ストレス社会にさらされています。
自律神経が乱れると脳と直結している肌ですので、反能が肌に出やすくなります。
まずは脳を休めて、自律神経を整えましょう。

 

膣ガンジダ症による痒み

カンジダ菌は女性なら誰でも持っている菌と言われており、通常は身体に害があるものではありません。
しかし、カンジダ菌は免疫力が低下すると、ホルモンバランスを崩し膣内を炎症させて、かゆみを発生させます。

性交によって、感染してしまう性病には、パピローマウイルスが原因のコンジローマ、原虫が原因で起こるトリコモナス膣炎、大腸菌、ブドウ球菌が原因の感染性外陰炎などがありますが、この場合のかゆみは、傷みを伴ったり、皮膚がただれたりするので、異常が見られれば、自分で判断せずに、専門の医師に相談してみることが重要です。

 

季節の変わり目による痒み

最後に、季節の変わり目にもかゆみがでることがよくあります。
対処法としては、身体が季節に対応しようと変化している最中ですので、その際は、適度な保湿をしてあげることが効果的でしょう。
あそこを乾燥させてしまうと、余計にかゆみがひどくなりますので、注意しましょう。

 

この4つの原因にはある共通点があります。それは、ホルモンバランスです。
ホルモンバランスと言われるとイメージしにくいと思いますが、簡単に言うと、体調のことを指します。
この体調を整えることが、あそこの痒みの解決法です!

 

ここからはあそこの痒み解決法をご紹介したいと思います。

 

あそこのかゆみの予防法

かゆみの予防法で、健康なあそこの環境を作りましょう。
予防法は主に4つあります。それぞれの方法をよく理解して、自分にあってものを見つけてください。
それでは早速、見ていきましょう。

 

食生活の改善が効果的

食は、わたしたちの身体を直接作ってくれていると言っても過言ではありません。ストレスによって、暴飲暴食を繰り返していたり、ジャンクフードを食べてばかりいると、老廃物が身体に溜まり、排出もうまくできずに老廃物が身体に蓄積されることになりがちです。
食生活を本来の日本食に戻してあげることによって、日本人の身体にあった食と身体のバランスを取り戻すことができます。
また、皮膚も頑丈になり、かゆみなどを引き起こす原因を根本的から見直すことができるので、アフターケアというよりは、予防法として取り入れてみましょう。

 

 

適度に運動する

免疫力をあげる為に、適度に運動を取り入れたり、ストレスを溜めないことです。ストレスがどんな病気にも一番の大敵です。
ストレスからアレルギーを引き起こす原因になったりもします。
原因から根本的に改善できるようにこころがけることが大切です。

 

また、あそこはとても気になるところですが、洗いすぎることによって乾燥を引き起こしてしまうことが多いので、気をつけなければなりません。
本来は、お湯だけで流すだけでもいいのですが、臭いが気になってはごしごしと洗ってしまったり、石鹸で何度も洗ってしまうことがあると、皮膚が炎症してかゆみをひきおこしてしまいますので、そうならない為にも普段の入浴では、やさしく洗うこと、洗いすぎないことに注意しておくことが予防につながります。

 

ニオイ対策グッズの使用

産婦人科と共同開発されているインクリアという膣内洗浄も効果的と最近ではじわじわと人気を集めています。
あそこのかゆみがでては、仕事にも恋愛にも、私生活にいろいろと影響します。
インクリアを使えば、即効性があるので、かゆみや炎症を軽減したり改善できることを、ユーザーの満足度によってもわかります。
自分のペースで、定期的に使用することで、膣内のpHを整え、身体を整えてくれますので、きっと、かゆみの原因も根本的になおしてくれるに違いありません。

 

かぶれない環境を作りましょう

皮膚が弱いのであれば、下着を見直すことも大切です。
締め付けるものや、通気性が悪いもの、汗を吸わないものは肌にもよくありません。
かゆみを余計に悪化させてしまう原因にもなります。
最近では、女性でもふんどしをつけることが流行っています。
丹田にひもをしばって、腹に力も入りますし、そもそも現代の女性に失われがちな膣の開閉の力も取り戻すことができるとのことで人気を集めています。
通気性も抜群で、開放的です。
一度つけたらやめられないというリピーターも続出です。
天然素材も多く、染めてあるものやかわいいフンパンも発売されています。
自分で手作りすることもできますので、下着を見直してみる際に試してみるとよいかもしれません。