あそこの乾燥と膣分泌液関係

セックスの際に、膣から分泌されるいわゆる愛液は、普段デリケートゾーンが乾燥しているからといって、セックスの時にも乾燥してしまうことはありません。
感じていないもしくは、感じてももともと分泌液が出にくいひとも個人差ですが、分泌液の量は、その人それぞれとなりますが、セックスで感じていると、比例して分泌液の量も増えるメカニズムになっているのが通常です。
季節の変わり目や、肌に合わない下着やパンティライナーを使用してしまい、肌が乾燥したりかぶれたりすることもありますが、分泌液に影響することはありません。

 

あそこの乾燥と膣分泌液関係

 

ただし、菌がそのことにて増殖し、悪玉菌が増えてしまって膣の環境が悪くなった場合は、悪臭がしたり、色が変わったり、チーズのような形状になってしまったりすることもありますので、注意が必要です。

 

また、中年の更年期、糖尿病などでもデリケートゾーンが乾燥してかゆみをともなうこともありますが、こちらは、ホルモンのバランスが変化しておこります。
当然、分泌液にも変化がみられることもあります。
しかし、これは自然なことですので、更年期であることを自覚するとうこと、まずは理解することが重要となります。

 

糖尿病であれば、そちらの症状を治療することができれば、乾燥も改善されますので、局所を過剰に気にする必要はありません。

 

過剰に意識しないことが秘訣

 

デリケートゾーンが誰にも言えないからといって、そのことばかり気になってくると、余計に精神的な作用により、免疫力を低下させ、悪循環を引き起こすこともあります。

 

あそこの乾燥と膣分泌液関係

 

適度に気持ちのゆとりを持つことが、健康を維持することに重要なことです。
乾燥によって、かゆみが生じる場合、ストレスになりますが、まずかゆみを悪化させないこととして、かかないこと、ぐっと我慢する時期も必要です。
また、肌ストレスを与えないように、下着を天然素材にかえることや、通気性も考えて治してみると、精神的にもあまりのここちよさに、ストレスも軽減され、抵抗力もあがってくることもありますので、全体でよくみてみることをおすすめします。
局所的に、見ることは、そこだけを治療することになり即効性があるかもしれませんが、またぶりかえすこともあります。
沿うならない為にも、ゆったりとしたこころもちになることを意識することも大切だと言えます。